ヘルメットとウェアのプリントでお客様のチームをひとつにする

TEL. 045-337-3481

HOME 事業紹介 ウェアプリント事業 お客様制作事例:ののじ様

Production examples / お客様制作事例:ののじ様

制作依頼いただいたお客様をインタビューしました!

お客様:ののじ株式会社

ののじ株式会社

キッチン・ヘルスケア用品メーカー。
アイディアいっぱいのツールが多く、百貨店やスーパーなどのキッチンツール売り場にあるピーラーでお馴染み。

あなたを幸せにするキッチングッズがここに!

↓ののじ様のホームページはこちら

ご依頼アイテム:ナチュラルコットンバッグ

ナチュラルコットンバッグ

ブランド:TOMS(トムス)
品番:00760-ENB
素材:シーチング 綿100%

定番の形が人気のオリジナルトート型。
無漂白のECOマーク付きで、企業のイベント販促用エコバックにもお勧めアイテム。

インタビュアー

インタビュアー:営業担当 オリジナルTシャツソムリエ 宅間

キャベツピーラーはプライベートでもヘビロテで大変お世話になっています。
今回はののじ様の商品開発ポイントや、販促グッズをご依頼いただいたきっかけ・ご感想などをインタビューさせていただこうと思います!

ののじ様はアイデアいっぱいのツールが多いですが、
どうやってそのアイデアをカタチにしているのですか。

開発のポイントは「当たり前」を見直すことにあります。すべてのモノを「本当にこれでいいのか?」と見直すと、意外と他の形のほうがいいことがあるんです。
発明には3つの段階があり、第一段階は「こうすれば使い勝手がよくなる」と思いつくこと。ですが、世の中にはないものだから、実際につくると欠点があったり、量産ができなかったりと当然難点が出てきます。そこをクリアすることが第二段階です。第三段階は「モノを構成する要素を一つ一つ分析いくこと」で、これがお客様が必要とする“売れるモノ”を作ります。「素材は本当に金属でいいのだろう?」とか「もっと力を入れなくてすむのでは?」など発想の飛躍がここであるんです!人間が道具にあわせてきたんだ、とわかる瞬間でもあります(笑)

快くインタビューにお答え頂いた代表の髙部夢宙さん。
快くインタビューにお答え頂いた代表の髙部夢宙さん。

販促バッグを制作しようとしたきっかけは何ですか?

以前はデモンストレーションなどのイベントで、商品やカタログをお客様に渡す際に紙袋を使用していました。紙袋だとエコではないですし、普段使いもできて弊社の宣伝も兼ねられるエコバックの制作を試みました。

販促バッグを実際に手にしたお客様の反応はどうですか?

凄くいいですよ!販促グッズとしてパッケージを組んで店頭に並べたり、イベントやECサイトでのおまけグッズとして使っています。
小さいお子さまがいるママイベントを開催した時、当社オリジナルキャラクター“ののちゃん”をプリントして、ぬりえができるバッグとして使ってみたんです。とってもカラフルなキャラクターなので、子どもが真似して色を塗ったバッグは、自分だけの素敵なオリジナルバッグになります。イベントのお土産として子供もママも喜んで持って帰っていただきました!
また「刺繍しました!」なんてサンキューメールが届いたこともあります。予想以上なお客様の使い方の発想があって、販促バッグを制作してよかったな、と本当に思っています。

お客様に大好評だったののちゃんバッグ
お客様に大好評だった、販促グッズの〝ののちゃんバッグ〟

北上産業とのやりとりで印象に残っている事などはありますか?

同じ横浜の企業さんなので、これをご縁に御社でキッチンツールの社内デモンストレーションをさせていただきました。北上産業さんは女性スタッフが多いので、おすすめ簡単レシピのサラダを実演しながら、お昼の追加おかずとしてみなさんで楽しく食べることができました。社長からは「この刃はどういう仕組みになっているのかな」など質問されるところが、さすが職人さん目線だなぁと思いましたよ。
今後も御社で色々な販促グッズを作りたいと思っているので、また相談させてください!

ご協力ありがとうございました!

レタスクラブとコラボでABCクッキングスタジオで料理教室を開催されたそうです!
百貨店では、ののじ様の商品がズラリと並んでいます。
社内のショールームは目で見て楽しめる素敵なディスプレイ!
人気商品のワッフルピーラー。野菜をワッフルのように可愛くピーリングできます。
巨大お玉に大興奮!多彩な商品に目移りしてしまいますね。
どれもカラフルな商品は、キッチンに立つ人の気持ちを上げてくれること間違いなしです。

取材後記

インタビューをさせていただいた社内のショールームには、アイデアいっぱいのキッチンツールから、小学校の給食室で昔見た巨大お玉など、わくわくするユニークなものに溢れていました。
髙部社長のお話を伺い、“あったら嬉しい”をかなえてくれる、そんなかゆいところに手が届くツールを企画して商品化している様子がわかり感銘を受けました。
私たち北上産業も、これからもお客様の“イメージどおり”と喜ばれるようなプリントで、全てのお客様を全力でサポートいたします!
インタビューにご協力いただき、ありがとうございました。